代表者挨拶

古谷洋二郎公認会計士事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。代表の古谷 洋二郎です。

当事務所では、税務顧問はもちろんのこと、開業支援や認定経営革新等支援機関として経営アドバイスも行っております。

税務・会計に関することだけでなく、会社の将来を前向きに一緒に考えていく、経営者の良き相談相手になる事務所を目指しています。

前職の監査法人時代から大切にしているのは、お客様の声に耳を傾け話をよく聞くことです。「監査」は英語では「Audit」と言います。語源は「Audio = 聴く」と言われています。この言葉の通り、相手の話をじっくり聴き理解を深めた上で、適切な分析・助言をする、この基本的なスタンスを大事にしています。

会社を大きくしたい、あるいはこれから起業する経営者の方々の良き相談相手になりたい、という想いから独立しました。ゼロからの開業だったので苦労もありましたが、創業時の苦しみを実際に体験したことで、創業社長の気持ちに寄り添えることにつながったと思っています。

「経営者は孤独」とよく言われます。誰に頼るわけでもなく、自らの責任で会社の方向性を決める重大な経営判断をしなければならない経営者が孤独を感じることは、ある意味で当然のことかもしれません。私自身、一人の経営者として身をもって感じています。

税理士としての私の役割は、重責を担う経営者の良き相談相手として、まずは話を聞かせていただくこと、そして経営者が思い描く夢や達成したい目標を数字に落とし込み、その実現に向けて伴走者として全力でサポートすることです。

税務・会計に関することでなくても構いません。疑問に感じていることや抱えている悩み、どんなことでも話をお聞かせください。専門外のご相談に対しても「わからない」で終わらせるのではなく、これまで培ってきたコネクションを活かし他の専門家と連携しながら解決に向けたサポートをさせていただきます。

お客様の成長に繋がる「よい仕事」をしたい。お客様の期待に応えたい。そのために事務所の理念でもある「当たり前を当たり前に」を大事にし、経営者の皆さまにとって一番初めに相談される、気付きを与えられる、そんな「真のパートナー」を目指してまいります。

古谷洋二郎公認会計士事務所
公認会計士・税理士 古谷 洋二郎

経営理念

当たり前を当たり前に

会計事務所は上から目線の先生業ではなく、サービス業と考えています。
クイックレスポンスや期限厳守など、「当たり前のこと」をおろそかにせず、常にお客様目線を意識します。

経歴

1979年 4月北海道旭川市に出生
1996年 3月旭川龍谷高校を1年で中退
1997年12月上京し10数年にわたり大型トラック運転手等に従事
2012年11月公認会計士試験合格
2014年 2月有限責任監査法人トーマツ入所
2019年10月同 法人を退職し古谷洋二郎公認会計士事務所設立

活動実績

監査法人トーマツ

  • IPO支援、上場・非上場企業の会計監査(売上3億円~1,000億円)
  • ITベンチャー・気象予測・コンビニ弁当ベンダー 等の業種を経験

開業後

  • 上場企業の内部統制コンサルティング
  • 飲食店(売上40億円)の民事再生(再生計画・資金繰管理)
  • 上場企業の電子帳簿保存法(電帳法)対応コンサルティング
  • ベンチャー企業、NPO法人など個人事業主、中小企業の税務顧問
  • 東京税理士会新宿支部 幹事
  • 新宿税理士政治連盟 常任幹事
  • 東京税理士会 納税者支援センター相談員
  • 東京税理士会新宿支部 租税教育講師
  • 新宿青色申告会「決算及び申告指導等」講師
  • 新宿法人会「決算法人説明会」講師
  • 新宿法人会「やさしい相続税・贈与税」講師

保有資格

  • 公認会計士
  • 税理士
  • 認定経営革新等支援機関
  • 政治資金監査人

所属団体

  • 日本公認会計士協会 東京会
  • 東京税理士会 新宿支部
  • 東京商工会議所 新宿支部
  • TKC全国会 東京都心会新宿支部