1.認定経営革新等支援機関として適切な経営分析・助言を行います。

「認定経営革新等支援機関」とは、中小企業支援に関する専門的知識や実務経験が一定レベル以上にある者として、国の認定を受けた支援機関です。
当事務所は公的認可を受けた認定経営革新等支援機関として、数字に基づいた適切な経営分析・助言を行います。

監査法人で5年以上の実務経験のある知識豊富な公認会計士・税理士が、事業計画作成支援や、適正決算による黒字化を支援。税務・会計に関することだけでなく、経営全般に関するご相談を承ります。

経営者の皆さまに一番最初に相談される良きパートナーを目指して日々研鑽に努めてまいりますので、「会社を成長させたい」、「正しい決算申告がしたい」、「低金利で融資を受けたい」など、どんなことでもまずはお気軽にご相談ください。

2.毎月の面談で多岐にわたる経営者のお悩みを解消します。

経営者の思い描く夢や目標をヒアリングし、税務・会計の専門家として数字に落とし込みながら、その実現をサポートすることが当事務所の役割だと考えています。

経営者の悩みは税金だけでなく、売上の悩みや人の悩みなど多岐にわたるもの。当事務所では単なる税金計算だけでなく、中小企業のかかりつけ医のような存在になるべく、毎月面談を実施して経営者の様々なご相談に対応させていただきます。

経営者の皆さまのご期待に応えられるよう、ご質問やお問い合わせの回数は無制限で対応させていただきます。Zoomなどオンライン面談にも対応しておりますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

3.顧問先企業には無料で書面添付を実施します。

書面添付とは、税理士が税務申告書につける会社のカルテのようなものです。どういう資料を確認して申告書を作成したのか、決算数値の増減理由などを税理士が記載します。

書面添付制度を活用することにより、税務調査の可能性を低減させることが期待できるだけでなく、融資時に金利低減、個人保証解除などを有利に進められる可能性が高まります。

当事務所では顧問契約を結ばせていただいたお客様に対して、無料で書面添付を実施させていただいております。